スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

第27回大会のご案内(第27回大会は終了致しました)

日本思春期青年期精神医学会第27回大会を下記の要領で開催いたします。
今回の大会は,北海道大学学術交流会館で行われます。
会員の皆さまのご発表,ご参加をこころよりお待ちしております。
 
日本思春期青年期精神医学会 会  長 皆川 邦直
日本思春期青年期精神医学会 第27回大会 大会長 平野 直己

 
            
□ 会期・会場

会 期  2014年7月5日・6日(土・日) 
      ※7月5日参加受付は9時15分より会場1階受付にて開始致します

会 場  北海道大学学術交流会館 
     〒060-0811 札幌市北区北8条西5丁目(JR札幌駅北口徒歩5分)
     http://www.hokudai.ac.jp/introduction/campus/hall/

交流会  京王プラザホテル札幌
     〒060-0005 札幌市中央区北5条西7丁目2-1
     http://www.keioplaza-sapporo.co.jp/
      

□ プレコングレス・レクチャー

会 期  2014年7月4日(金)

会 場  札幌エルプラザ 
     〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目(JR札幌駅北口徒歩3分)
     http://www.top.sl-plaza.jp/
     ※ 大会会場とは会場が異なりますので、ご注意下さい

内 容  「小倉清先生に聞く」
      
参加費  2,000円
(ただし,会員,非会員共に大会両日の参加をプレコングレス・レクチャー会場にて事前申込みされる方は無料となります)



□ 参加を希望される方へ

大会参加資格
・本学会の会員および研修会員
・医学,心理学等の領域で実践されており守秘義務を負うことに同意していただける方
・医学,心理学等の大学院生で,守秘義務を負うことに同意していただける方
 ※ 非会員と大学院生の方は,当日所属を証明するものをお持ちください

大会参加費
 会   員 12,000円(交流会費を含む)
 当日会員  7,000円(1日)/12,000円(全日)
 大学院生  4,000円(1日)/ 7,000円(全日)
 交流会費  5,000円(非会員の希望者)

お申込み
 当日、大会受付にてお申込みください。
 またプレコングレス・レクチャーに参加される方は,プレコングレス・レクチャー会場にて事前申し込みをすることも出来ます。

 
□ 大会時の宿泊について

 本大会事務局では、宿泊施設の紹介を行っておりません。


□ お問い合わせ先

   第27回大会事務局
    〒047-0264
    北海道小樽市桂岡町7-1北海道薬科大学C303牧野研究室内
     E-mail:jsap2014@gmail.com
     Fax:0134-62-1835

   学会事務局
    〒160-8582
    東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神神経科学教室内
     E-mail: jsap.gim@gmail.com
     Fax: 03-5379-0187

スポンサーサイト

2014.02.08 | | 大会のご案内について

第27回大会プログラム(第27回大会は終了致しました)

日本思春期青年期精神医学会第27回大会を下記の時程で開催いたします。
会員の皆さまのご発表,ご参加をこころよりお待ちしております。
 
日本思春期青年期精神医学会 会 長 皆川 邦直
日本思春期青年期精神医学会 第27回大会 大会長 平野 直己
 
                         



□ 第1日目  2014年7月5日(土)  於:北海道大学学術交流会館
 
  9:15-     参加受付開始
  9:50- 9:55 開会式
 10:00-12:30 一般演題
 12:30-13:30 学術講演
         「思春期青年期のサイコセラピーから学ぶ」
      演 者:
       皆川 邦直(法政大学現代福祉学部臨床心理学科)
      司会者:
       安岡 譽 (札幌学院大学大学院臨床心理学研究科)
 13:30-14:30 合同委員会
 14:30-15:00 総会
 15:00-18:00 シンポジウム 
         「現代の若者像と心理治療」
      シンポジスト:
       中  康 (公立学校共済組合関東中央病院)
       渡部 京太(国立国際医療研究センター国府台病院)
       三上 謙一(北海道教育大学保健管理センター)
      指定討論者:
       近藤 直司(東京都立小児総合医療センター)
      司 会 者:
       伊藤 洋一(勤医協札幌病院)
       生田 憲正(国立成育医療研究センター)         
 18:30-20:00 交流会


□ 第2日目 2014年7月6日(日)  於:北海道大学学術交流会館
 
 9:30-10:30 教育講演
         「思春期青年期の母娘関係」
      演 者:
       馬場 禮子(中野臨床心理研究室)
      司会者:
       平野 直己(北海道教育大学)
 10:30-13:00 ワークショップ
         「さまざまな自立のかたち」
      パネリスト:
       大嶋 正浩(医療法人社団至空会メンタルクリニック・ダダ)
       松田 考(札幌市若者支援総合センター)
       森  亨(NPO法人北海道ダルク)
      指定討論者:
       松田 文雄(医療法人翠星会松田病院)
      司 会 者:
       白波瀬 丈一郎(慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室)
       平野 直己(北海道教育大学)
 13:00-13:10 閉会式


□ 前日開催 2014年7月4日(金)   於:札幌エルプラザ3階ホール

  19:00-21:00 プレコングレス・レクチャー
          「小倉清先生に聞く」
          ~余は如何にして子どもの精神科医になりし乎~
      講 師:
       小倉 清  (医療法人社団清悠会クリニックおぐら)
      対話者:
       伊藤 洋一(勤医協札幌病院)
      司会者:
       斉藤 美香(北海道大学保健センター)
      

2014.02.08 | | 第27回大会プログラム

第27回大会プレコングレス・レクチャーのお知らせ(プレコングレス・レクチャーは終了致しました)

日本思春期青年期精神医学会第27回大会プレコングレス・レクチャーを下記の要領で開催いたします。
第27回大会は,北海道大学学術交流会館で行われますが、プレコングレス・レクチャーは大会前日に札幌エルプラザで開催いたします。
皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。
 
日本思春期青年期精神医学会 会 長 皆川 邦直
日本思春期青年期精神医学会 第27回大会 大会長 平野 直己
 
                         記



□ プレコングレス・レクチャーのお知らせ(前日開催)

会 期   2014年7月4日(金) 19:00~21:00
 
会 場   札幌エルプラザ3階ホール(北海道札幌市北区北8条西3丁目
                       /JR札幌駅北口徒歩3分)
       http://www.top.sl-plaza.jp/
       ※ 大会会場と会場が異なりますので、ご注意下さい

内 容  「小倉清先生に聞く」
      ~余は如何にして子どもの精神科医になりし乎~
      講 師:
       小倉 清  (医療法人社団清悠会クリニックおぐら)
      対話者:
       伊藤 洋一(勤医協札幌病院)
      司会者:
       斉藤 美香(北海道大学保健センター)

参加費   2,000円
 (ただし、会員、非会員共に大会両日の参加をプレコングレス・レクチャー会場にて事前申込みされる方は無料となります)

2014.02.08 | | 第27回大会プレコングレス・レクチャーのお知らせ

一般演題発表の申し込みについて(募集は終了致しました)

日本思春期青年期精神医学会第27回大会の一般演題発表を下記の要領で募集致します。
今回の大会は,北海道大学学術交流会館で行われます。
会員の皆さまのご発表をこころよりお待ちしております。
 
日本思春期青年期精神医学会 会 長 皆川 邦直
日本思春期青年期精神医学会 第27回大会 大会長 平野 直己
 
                         
□ 一般演題募集

1.演者は原則として,日本思春期青年期精神医学会会員に限ります。

2.演題は,以下の2種類とします。

  •  A)思春期・青年期精神医学の領域における治療およびマネージメントを素材とした発表で,何らかの学問的もしくは臨床的な主張のあるもの。発表目的,経過,そして考察が述べられていること。
  •  B)思春期・青年期精神医学の領域における実証研究,観察研究,質的研究,心理検査を用いた研究など,通常の心理学的・医学的研究の手法をとったもの。発表目的,研究手法,結果,そして考察が述べられていること。
  • *どちらの発表内容も,応募段階までのものとし,応募した後の発表までに生じた経過や考察は含まないものとします。
3.発表演題の採否,掲載順などは,大会運営側にて決定します。

4.原稿は,Microsoft Word(Windows版Word2007または2010で閲覧できるもの)にて作成してください。

5.原稿には,演題名(英文も),演者名(英文も。連名での発表の場合は,発表演者氏名の前に○をつけてください),演者所属(英文も),本文(800字程度)を記してください。また,フォントは特殊なものは使わず,文字の大きさは10.5ポイントにしてください。

6.応募に際しては,原稿の電子データを電子メールの添付ファイルとして日本思春期青年期精神医学会第27回大会事務局 jsap2014@gmail.com 宛に送信するか,USBメモリーなどの記録媒体を第27回大会事務局宛に送付してください。

7.電子メール(送付文書)のタイトル(件名)は「一般演題応募」とし,メール本文に
・演題名(英文も)
・演者氏名(英文も。連名での発表の場合は発表演者氏名の前に○をつけてください)
・演者所属(英文も)
・応募者の氏名・連絡先
を明記してください。

8.応募が採択された場合,原稿は原則としてそのまま大会抄録集に掲載されます。

9.一般演題の形式は,発表20分,質疑応答10分とします。

10.発表時の資料提示にプレゼンテーション・ソフトを利用される場合は,MicrosoftPowerPoint(Windows版PowerPoint2007または2010で閲覧できるもの)による提示といたします。なおPC,プロジェクターは主催者側が用意します。

11.演題の応募期間は,2014年3月1日(土)から,4月25日(金)までとします。

2014.02.08 | | 一般演題発表の申込み

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。